こんにちは!

葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院です!

本日は指の痛みについてです。

なんだかわからないけど原因が分からない指の関節痛を経験したことはありませんか。
指の関節痛は具体的な症状や痛みの起こる部分などによって、様々な種類のものが存在します。
では、こんな関節痛の種類や改善法について見ていきましょう。

手の使い過ぎやホルモンバランスが原因で起こる腱鞘炎!

指の関節痛には、「腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎)」があります。

腱は骨と筋肉を繋ぐ役割を果たしていて、腱は「腱鞘」と言うトンネルのような鞘に包まれています。

この腱鞘が炎症を起こすと、内腔が狭くなって腱が通りにくくなり、指を動かす時に引っ掛かりや痛みを感じることがあります。
腱鞘炎の原因としては手の使い過ぎだけではなく、妊娠中や産後、更年期などのホルモンバランスの変化などが考えられます。

ばね指やドゥ・ケルバン病は腱鞘炎の仲間!

指の関節痛である腱鞘炎には、主に次の2つの種類があります。

ばね指

まずは、親指屈筋腱に起こることが多いばね指は、指を曲げ伸ばしする時にばねを弾くかのような感じがするものです。
症状が悪化すると、指を伸ばすのが困難になったり、パキッと音が鳴ることもあります。

ドゥ・ケルバン病

それから、ドゥ・ケルバン病は、親指側の手首で炎症による腫れや痛みが起こるものです。

「親指以外の指の中に親指を入れて手首を小指の方に曲げた時に、痛みを感じる。」と言う場合には、ドゥ・ケルバン病の可能性が高いです。

更年期に起こりやすい手指の変形性関節症!

指の関節痛には腱鞘炎以外に、指先のこわばりや腫れ、痛み、変形などが起こる変形性関節症もあります。

加齢とともに関節に負担がかかりやすくなって関節軟骨が擦り減ってしまうことが、変形性関節症の原因として考えられます。
変形性関節症には、第一関節に起こりやすいへバーデン結節、第二関節に起こりやすいブシャール結節、親指の付け根に起こりやすい母指CM関節症などがあります。

患部を固定して負担を軽減したり、薬を使用したりなどが指の関節痛の主な治療法!

指の関節痛の中でも腱鞘炎の原因は手の使い過ぎですので、基本的な治療法は手を出来るだけ休めることです。

どうしても手を動かす必要がある場合には装具や添え木などで手首を固定したり、抗炎症薬やステロイド注射などで痛みを抑えます。
一方、変形性関節症は関節が変形してしまっていて、残念ながら関節の変形を治すことは難しいです。

痛みがあるうちは湿布や軟膏薬、消炎鎮痛剤などを使用し、装具やテーピングなどで患部を固定して負担を軽減します。
しかし、数年もすれば、痛み自体は治ることが多いです。

 

病院や整形外科へ行っても治らない方はぜひ

葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院に

ご相談ください!

当院は綾瀬駅から徒歩1分。綾瀬駅前整形外科の近くにございます。

名称 あやせ整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒124-0001 東京都葛飾区小菅4-12-5
電話番号 03-6662-9150
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:30/15:00〜20:30 【土曜】9:00~13:30
アクセス方法 【電車】東京メトロ千代田・JR常磐線『綾瀬駅』東口より徒歩1分
診療時間
09:00~13:30
15:00~20:30