おはようございます!

葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・加平・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院です!

本日は腰痛についてです。

腰痛とは何か?痛みが続く場合、まずは整形外科にてレントゲンやMRIで骨に異常がないか調べて下さい。腰痛の原因には、骨が神経を圧迫していたり、筋肉の緊張、ストレスや、内臓系の疾患の場合もあります。

整形外科で原因が見つかれば、ラッキーと思って下さい。椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など原因が特定できる腰痛は約15%だそうです。私の場合は原因不明です。原因不明だと病院では対処のしようがありません。痛み止めの薬とシップを処方されて「様子をみさせて下さい。」だと思います。

腰痛とは腰に痛みを感じる状態のこと。人によって痛み方は症状や原因が違ってくる。腰痛は筋肉の緊張からくるもの(緊張性腰痛)と鈍い痛みを伴う慢性からくるもの(慢性型腰痛)の2種類がある。
緊張性腰痛は長時間同じ姿勢でいたり過度なストレスが原因としてあげられている。筋肉などにストレスが掛けられることにより激しい行動をすると動く交感神経が常に優勢になるため他の筋肉に力が入ってしまいバランスを調整しようとしてしまい腰痛になる。
慢性型腰痛は腰に日常的に継続した鈍い痛み。尿路系に沈着する結晶の石またはその石が詰まる尿路結石と勘違いすることがある。

その痛み坐骨神経痛ではありませんか?何らかの原因で神経を圧迫することによって生じる神経痛です。詳しい症状等は以下です。

坐骨神経痛のさまざまな症状

坐骨神経痛の症状を感じる代表的な場所は、お尻、太ももの裏・すね・ふくらはぎがありますが、どこか一部分だけに坐骨神経痛 症状を強く感じるケースもあれば、足に激痛が走り足全体に坐骨神経痛 症状を強く感じるケースもあります。

坐骨神経痛とそれに伴う主な症状としては、これらが挙げられます。

1.腰の痛み、臀部の痛み
2.太ももの裏、足へかけての痛み、しびれ
3.体を動かすと痛みやしびれが悪化する
4.痛みのため歩行が困難になる
5.足に力が入らなくなる
6.足の筋肉が左右で差が出る

坐骨神経痛の治療方法には、①薬物療法、②神経ブロック療法、③理学療法、④認知行動療法・リエゾン療法、⑤脊髄刺激療法、⑥外科的療法があります。

心因性腰痛とは現代人に増えているストレスが原因による腰痛。そもそも腰痛は病院に行っても原因不明がなんと「80%」。原因不明じゃ納得出来ません。レントゲン撮影、MRI撮影で大体2万円かかります。

私の場合、思い返せば、社会人になり始めの頃から腰痛に悩まされているので心因性を疑った方が良いかもしれません。原因不明の腰痛に、ストレスによる心因性腰痛があります。もしくは、ずっとデスクワークの仕事なので、姿勢の悪さから来る腰痛なのかもしれません。

このような心因性腰痛の場合もまずは痛みをとる消炎鎮痛剤などの薬物療法を行います。
そして整形外科からの薬物療法と並行して、心理療法やカウンセリングなど、心療内科や精神科での治療を行ったほうが良い場合もあります。
腰痛の原因となっているストレスや心の問題をカウンセリングによって丁寧に取り除き、合わせて精神科方向からの薬物療法、抗不安薬や抗うつ薬、抗てんかん薬などの薬を上手に組み合わせると治療の効果が出てきます。

慢性腰痛はどうやったら治るのか?ストレッチや運動、シップが効果的。シップは温シップを使用すること。血流を良くすることが大事。ただし、原因不明の腰痛には冷湿布でも気持ち良ければ良いらしい。

ストレッチや腹筋、背筋を毎日続けることは再発予防にも有効とのことです。シップはぎっくり腰等の急性腰痛の場合には、冷シップ。慢性腰痛の場合には温湿布が効果的だそうです。腰痛の専門医がテレビで原因不明の腰痛は、温冷どっちでも「気持ち良ければ良い」との回答していました。私は、冷シップを貼ることにより、痛みが和らぎます。寝る前、朝起きたら、患部に貼ってください。

ディスクワークの仕事だと、長時間座っていなくてはいけないので、苦痛です。1時間おきぐらいに「腰をそらす」だけでも違います。

姿勢が悪いと腰痛になります。私の姿勢は最悪の部類だと思います。仕事中の姿勢は良いですか?膝頭が股関節よりほんの少し高くするために何か足元に物を置いても良いとされています。

腹筋・背筋運動していますか?腰痛予防には、腹筋・背筋がとても重要らしいです。以下、参考動画です。無理しない程度に運動して下さい。

体幹ってご存知ですか?サッカーの長友選手がよく体幹が大事って言うので、私もトレーニングしたら少し改善したような気がします。最初はきついので悪化させないように。体を支える筋肉の強化が目的です。

ロングブレスダイエットの三木さん。ロングブレス+スクワットで腰痛を治したとか。体幹が鍛えられ、腰を支える筋肉量がアップしたのだとか。

ストレッチすると少しは改善します。一日の終わりに足を抱えて伸ばすと気持ち良いです。無理しない程度に運動しましょう。腰痛のために運動しなくなっていませんか?

ストレッチに関しては他にも沢山あるので、「youtube」で”腰痛” ”ストレッチ”で検索してみて下さい。よく言われるのが、腰痛の方は脇腹を押すと痛がります。知らず知らずに筋肉に緊張が。

体のゆがみが原因の場合は整体やカイロプラクティックで整える方法もあります。それで治る腰痛もあります。重力や普段の姿勢により、骨格や関節にゆがみが生じます。保険が効かないので、1回の施術で4000円~。

ボキボキしない整体とボキボキ整体があります。賛否両論でこればっかりは好みによります。ボキボキは危険との意見もありますので。怖い方はボキボキせず筋肉をもみほぐしなが整える整体に行くべきです。私はボキボキ派です。上手な人がやると痛くないです。

腰痛の牽引治療 調べてみると、効果がないという意見と効果があるという意見に分かれていますので、悪化させないように注意が必要な治療法です。

牽引治療は、骨盤に器具をつけてつま先方向に引っ張り、脊柱を伸ばすものです。椎間板への負担を軽減し、腰臀部の筋肉の緊張を和らげる効果があります。また神経根の炎症を沈静化させるので下肢痛やしびれなどの改善にも有効で、マッサージ的効果もあり、心身のリラックスが図られます。

牽引力は腰痛の場合、体重の3分の1くらいが目安とされ、15~20分間断続的に牽引します。

間欠牽引と弱い力で数時間牽引する持続牽引があり、前者は通院治療で、後者は入院治療で行われます。

牽引治療が一番適しているのは下肢症状の強いときです。変形や骨祖しょう症が著しい場合、急性の障害や炎症のある場合など、症状や時期により、かえって痛みが強くなる可能性もあるので注意が必要です

腰腿点(ようたいてん)手の甲の人さし指と中指、小指と薬指の骨の分かれ目のそれぞれ中央。

手の甲にある二つのツボを1日2~3回、1~2分ずつ刺激することで、腰痛がみるみる軽くなります。

「腰腿点」に親指と人さし指をあて、親指と人さし指で手の甲をはさむように押しもみます。また、ツマ楊枝の先で刺激するのも効果的です。

腰にある腰痛の特効ツボ。さらに「腎兪」と「志室」は腎臓機能を活性化し、「命門」は体力アップに役立ちます。「命門」はおへその真後ろ。「腎兪」は命門から左右へ指2本分離れたところ。「志室」は「命門」から左右へ指4本分離れたところ。

押し方

親指を「腎兪」にあて、30回程度軽く押しもみます。「志室」も同様に。足を肩幅に開いて立ち、腰を大きくゆっくり回しながら押すとさらに効果的です。
「命門」は、女性は右手を下に、男性は左手を下にして中指の先を重ねてあて、30回程度軽く押しもみます。

葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・加平・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院に

ご相談ください!

当院は綾瀬駅から徒歩1分。綾瀬駅前整形の近くです。

名称 あやせ整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒124-0001 東京都葛飾区小菅4-12-5
電話番号 03-6662-9150
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:30/15:00〜20:30 【土曜】9:00~13:30
アクセス方法 【電車】東京メトロ千代田・JR常磐線『綾瀬駅』東口より徒歩1分
診療時間
09:00~13:30
15:00~20:30