おはようございます!

葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・加平・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院です!

今回は首の痛みについてです1

寝違えちゃった!首・肩・背中、寝違えの原因と治し方

朝、目が覚めた時に首や肩、背中に痛みを感じる「寝違え」。寝違えを起こしてしまう原因や、寝違えてしまった際の正しい対処法をご紹介します。

寝違えの痛みは多くの方が経験されていると思います。

首を動かすだけで痛みが走り、一定方向にしか首を動かせず家事や仕事にも影響するのはもちろん、再びその日の夜に寝床に入っても痛みで眠れず寝不足になってしまいます。

寝違えの原因を知り、寝違えてしまった時にどうすればいいかを知って、寝違えの痛みを和らげましょう。

寝違えの原因って何?

「寝違え」は医学用語ではなく、首の周囲の靭帯や筋肉などの急性炎症の一般的な総称です。
朝起きたときに、首を動かすと強い痛みがある、場合によっては頭痛や背中まで痛む場合もあります。

寝違えが起きる主な原因は、睡眠時の姿勢にあります。

通常は体勢が苦しければ、無意識に寝返りを打って、首に負担がかからない体勢にできるのですが、そもそも寝ている場所がせまかったり、枕が合わなかったりと不自然な状態が長く続いたり、過労や泥酔状態によって、寝返りをほとんど打てなかったりすると、長い時間、首まわりに負担がかかり続けて、靭帯や筋肉を傷めてしまうのです。

寝違えをそのままにしておくと…

実は内臓の疲れに原因があるケースもあるんです

寝違えの痛みは時間が経つと落ち着いてくるので、何も対処せずにそのままにしているという人もいると思います。
しかし、寝違えのたびに放置していると、寝違えがクセになってしまうことがあります。

1~2週間経っても痛みが治まらない、頻繁に寝違える、という場合は、ほおっておかず、整形外科で診てもらいましょう。

さらに、寝違えの原因が、実は内臓の疲れにあった、というケースもあるんです。

内臓の疲れや痛みのため、睡眠姿勢が偏ったり、寝返りが少なくなったりして寝違えてしまうということが起こります。
思い当たる症状があるようでしたら、こちらもきちんと病院で治療を受けると、寝違いが起こりにくくなるかもしれません。

寝違えちゃった、首肩背中の治し方

痛みがあるなら、まず最初に…

寝違えないことが一番ですが、寝違えてしまった場合にどう対処したら良いかを紹介します。

まずは痛みを和らげることから。

まずは冷やすこと

寝違えが起こった場合は、まず冷やすことが大切です。冷やすことで炎症が和らぎますので、氷水を入れたビニールや保冷剤をタオルで巻いて痛みのある部分に当てて冷やしましょう。

寝違えたら、まず冷やす

湿布も効果的

炎症を鎮めるために湿布も効果的です。

痛みのあるところに湿布薬を貼るほか、消炎鎮痛剤を内服すると痛みの軽減に効果があります。

誰かに貼ってもらえる状況なら良いのですが、一人だと背中に湿布を貼るのは意外に難しいものです。一人でも背中に上手に湿布が張れる、アイデアグッズなどもあるので活用してください。

炎症をおさえつつ、痛みもおさえてくれる

ツボを刺激する

寝違えに効果のあるツボを刺激するのも一つの方法です。

落枕(らくちん)というツボで、手の甲の人差し指と中指の骨が交差する手前のくぼみにあります。左右の手両方を1回10秒間3セット押すと効果があると言われています。

ちなみに、落枕(らくちん)は中国語で寝違えを意味します。

落枕はその名の通り、寝違えに効くツボです

寝違えたときに、やってはいけない対処法

意外にやってしまいやすい対処法。逆効果になってしまいます

良かれと思ってやったことが逆効果になってしまうこともあります。

以下の3つは、やってしまいがちではありますが、やらないように覚えておきましょう。

首を温める

首に痛みが起こった時、温めれば治ると考えている方もいると思います。

確かに温めることは予防としては効果的です。

しかし、すでに寝違えが起こっている場合に温めると、炎症反応が助長され症状を悪化させてしまうことがあります。

寝違えた当日は温めるのは良くないので、入浴も避けるようにしましょう。

肩こりではないので、血行をよくするのは逆効果

首や肩のマッサージ

首や肩へのマッサージも症状を悪化させてしまいがち
マッサージすることで血行が良くなり、炎症が広がってしまいます。

痛みが気になって、首や肩をマッサージしたくなりますが、マッサージをする場合は医師の指示に従うようにしてください。

こちらも血行がよくなって炎症が広がる可能性が…

首のストレッチ

肩甲骨周辺のストレッチは痛み軽減に効果があるといわれていますが、炎症を起こしている首そのものを動かすと炎症がひどくなることがあります。

まずは安静にして炎症を鎮めることが第一です。

あわてて首をのばさず、まずは安静

寝違えと枕の関係は?

肩こりだけじゃなく、寝違えにも影響が出る?!枕選びは重要です。

寝違えの原因と言われている、窮屈な姿勢での睡眠や、寝返りのしにくさは、枕の高さが合っていなかったり、布団が重すぎたりすると起こりやすくなります。

特に枕の高さが合わないと首への負担も大きくなります。

今使っている寝具の状態を一度確認してみることをおすすめします。

寝違えとパジャマは関係ない?!

寝違えとパジャマは、一見関係なさそうですが、意外にそうでもないんです。
サイズの合わないパジャマを着ていると、寝返りを打った際に布団の中でもたついたり、からまって動きを制限してしまったり、逆に締めつけてしまって血行を悪くしてしまったりします。

一日の三分の一を占める睡眠時間に身体を包んでくれているパジャマ。人に見られないから、つい「なんでもいいや」とか「サイズ合わないけど、まあいいか」となってしまいがちですが、心も体もリラックスできる良い睡眠を実現するために、ぜひこだわって選んでください。

自分のサイズに合ったパジャマを選ぶのはもちろん、バストの下垂や型崩れを防ぐためにブラをつけて寝ている場合は、締めつけない寝るとき用のナイトブラを選んで、寝違えとは無縁のリラックスタイムにしてください。

 

病院や整形外科へ行っても治らない方は

葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・加平・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院に

ご相談ください!

当院は綾瀬駅から徒歩1分。綾瀬駅前整形外科の近くです。

名称 あやせ整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒124-0001 東京都葛飾区小菅4-12-5
電話番号 03-6662-9150
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:30/15:00〜20:30 【土曜】9:00~13:30
アクセス方法 【電車】東京メトロ千代田・JR常磐線『綾瀬駅』東口より徒歩1分
診療時間
09:00~13:30
15:00~20:30