おはようございます!

 

葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院です。

 

本日は足の痛みについての話です。

 

足裏が痛いときに考えられる5つの病気と土踏まずが痛い原因

足裏が痛いという場合、骨に異常があるということもありますがまれです。

筋肉に異常があったり、病気が原因でその症状が足裏に痛みを出していたりしているのです。

スポンサードリンク

足裏が痛いときに考えられる代表的な5つの病気と土踏まずが痛い原因について紹介します。

また、足裏の指の付け根が痛い原因についても紹介します。

 

足裏が痛い病気とは?

足裏が痛い病気として一番考えられるのが足底筋膜炎(そくていきんまくえん)というものです。

代表的な足裏が痛くなる病気について紹介します。

足底筋膜炎
足底筋膜炎はマラソンなどのスポーツをしていたり、立ち仕事などをしている方が罹りやすい病気ですが、それほど使っていない場合でも、50代を超えるとよく起こる症状です。

足の裏の筋肉に炎症が起きるもので、朝起きて、歩いた時に足の裏が痛くなったり、立つ・歩く・走る時に土踏まずやかかと、指の付け根などに痛みが出ます。

魚の目・タコ
足に合っていない靴を履いていたり、スポーツなどで足裏に摩擦や圧迫が長時間起こると、皮膚がその部分を守ろうとするので角質が厚くなっていきます。

そして、皮膚に盛り上がりができ、魚の目・タコができます。
触ったり歩いたりすると、その部分に痛みがみられます。

モートン病
ハイヒールなどで足の指が圧迫されたり、足に合っていない靴を履いていたりして、足の裏の指の付け根辺りが痛くなり、しびれが出たりします。

糖尿病
糖尿病になると合併症でいろんな症状がみられるのですが、感覚的な異常を引き起こす神経障害が起きることがあります。

このため足の裏に何かが張り付いているような感じがしたり、針などでチクチクと刺されたような痛みを感じることがあります。

痛風
痛風の初期症状やになると、痛風になって何年も経っている人の場合、歩き過ぎたり運動による負担などによって、足裏が痛くなることがあります。

赤く腫れて、ものすごく痛みます。

足裏が痛い、土踏まずが痛い原因

足裏が痛い、なかでも土踏まずが痛い場合の原因としては
足底筋膜炎が考えられます。

足底筋膜炎とは、読んで字の如く、「足の底の筋膜が炎症を起こしている」症状です。

足底筋膜炎になると足の裏が硬くなって、柔軟さを失った筋肉や筋膜が強く引きのばされるため痛みを感じます。

足裏の土踏まずが痛くなるのは、スポーツ選手の筋肉の疲労や普段、運動をしない人が無理な運動をした場合に多いです。

靴が合っていなかったり、歩き方が悪いなどのさまざまなことからも引き起こされます。

土踏まずのアーチ部分にテーピングをしたり、中敷きを敷くことでかなり改善されることも多いですが、
足底の柔らかさを取り戻すことが一番です。

足裏が痛い、指の付け根が痛い原因

足裏が痛い、なかでも指の付け根が痛い場合の原因としては、
「モートン病」 という病気の可能性が考えられます。

モートン病は、ランニング中に外側に体重がかかっている場合や幅の狭い靴やハイヒールなどを履くことで症状が出ます。

足裏に負荷が掛かり過ぎることで、炎症を起こしてしまい、その炎症が神経を圧迫し痛みを感じます。

人差し指や小指付近が痛むこともありますが、
主に中指から薬指付近が痛んだりしびれたりします。

バランスが悪い立ち方をしていたり、歩き方をしている方も重心が偏って足に負担が掛かるので、モートン病になることがあります。

足を圧迫する靴を履くのをやめることでかなり改善されます。

 

また、ふくらはぎの痛みが内側に出る原因は

 

シンスプリント

シンスプリントとは脛骨過労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)ともいい、脛骨に沿ってふくらはぎの下方に痛みが発生することが特徴です。

 

走ったり、ジャンプなどをすることで痛むという場合はこの疾患が疑われます。

 

激しい運動やスポーツなどで発症することが多く、特に筋力不足だったりコンクリートなどの硬い地面でのトレーニングで起こりやすいとされています。

 

また偏平足の方の場合、シンスプリントになりやすいといわれます。

原理としては、普段足の骨と筋肉によって支えられている力が、姿勢のズレや長時間の負荷によって支えきれなくなり、その異常が痛みとなって表れるのです。

 

偏平足の場合、土踏まずが潰れているためその分衝撃が吸収されず、足に負荷がかかってしまいます。

 

過労骨折

脛骨の骨折の場合、ふくらはぎの内側に痛みを感じます。シンスプリントと同様に足に超負荷をかけることにより骨折が起こります。

 

しかし、シンスプリントの場合は脛骨に沿って痛みを生じますが、過労骨折の場合、骨折した箇所のふくらはぎの部位に痛みを生じることが特徴です。

 

骨折といっても骨が断裂するというよりヒビが入っている状態になることがほとんどです。

治療せずに放置すると、重症化して断裂骨折になることもあるので注意が必要です。

 

ふくらはぎの内側が痛い時の対処法

 

病院でしっかりとした治療を受けることが早期治癒の近道ではありますが、

症状が軽度な場合や、忙しくて病院に行けない時に病院を受診するまでの間の簡易的な対処法をご紹介します。

 

安静にする

最も大切なことは、激しい運動やスポーツは避け、安静にすることです。

シンスプリントや過労骨折でも、軽度ならしばらくの間足を休ませるだけで治癒することもできます。

 

しかし、それでも痛みが続く場合は別の原因も考えられますので、病院を受診しましょう。

 

テーピングやサポーターをつける

日常生活を過ごす上で痛みがある場合、少しでも足への負担を軽くするためにテーピングやサポーターをつけ、支えの補助を行いましょう。

 

テーピングをしたことがない方でも、ドラッグストアなどで市販されているサポーターなら簡単につけることができるでしょう。

 

ふくらはぎの痛みが外側に出る原因

 

ヘルニアによる坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

 

ふくらはぎの外側の痛みの他に、ピリピリとした痛みや突っ張ったような痛み、または太ももやお尻も痛むという場合、

ヘルニアによる坐骨神経痛が考えられます。

 

これは上記で紹介したふくらはぎの内側の痛みとは異なる、激しい痛みが特徴です。

 

原理としては、椎間板ヘルニアにより椎間板が背骨に押され、髄核と呼ばれる中身が飛び出し、それが坐骨神経に触れて痛みを生じるのです。

 

腓腹神経麻痺(ひふくしんけいまひ)

腓腹神経とは、ふくらはぎの外側を走行する知覚神経のことです。

腓腹神経は皮膚に近いところに出ているため、圧迫を受けやすいのです。

 

知覚神経のため圧迫を受けても足が動かせなくなることはなく、ふくらはぎや足の小指の周辺に痛みや痺れが生じます。

軽度の場合は痺れしか感じないことが多く、気づかないこともあります。

 

長短腓骨筋炎(ちょうたんひこつきんえん)

長短腓骨筋炎とは、ふくらはぎの筋肉の一つである長腓骨筋(ちょうひこつきん)と短腓骨筋(たんひこつきん)に炎症を生じる疾患です。

 

外側のふくらはぎ、特に下方に痛みが発生し、酷い時は歩行に支障をきたすまでになることもあります。

 

腓骨筋に負荷がかかりやすいO脚の方に多く見られるとされています。

ふくらはぎだけでなく、足の甲に痛みや腫れが生じることもあります。

 

ふくらはぎの外側が痛い時の対処法

 

ヘルニアの場合、病院でレントゲンやMRIにより検査し、医師に従い痛み止めを処方してもらったり根治治療を行うことが最善です。

今回は痛みを緩和させるための、対症療法をご紹介します。

 

筋肉トレーニング

足の筋肉不足の場合、ふくらはぎの筋肉をトレーニングすることで、骨への負担を軽減することができるでしょう。

また、体幹などの筋肉をトレーニングすることで身体を支える助けとなり、足への負荷を減らすこともできます。

 

ただし、トレーニング中に痛みが生じる場合は中断し、筋トレの方法を変更するか別の治療法を選択しましょう。

 

 

マッサージやストレッチ

ヘルニアによる坐骨神経痛を緩和するために、マッサージやストレッチも効果的です。

凝り固まった筋肉が痛みを増強させている場合があるため、脚全体の筋肉を伸ばし、ほぐすようにしましょう。

 

足を圧迫しない

これは腓腹神経麻痺の場合における対処法となります。

腓腹神経麻痺の場合、日常生活において靴や衣服などにより神経を圧迫している可能性があります。

 

人により神経の走行は少し異なるので、圧迫している場所を探し、必要以上にその場所を圧迫しないことが大切です。

特にスポーツをされる方でテーピングやサポーターをつける場合、それが神経への圧迫とあることがあるため、注意が必要です。

 

もしこのような足の痛みで症状が出て病院や整形外科へ行っても治らない方は

葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院

にご相談ください。

 

名称 あやせ整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒124-0001 東京都葛飾区小菅4-12-5
電話番号 03-6662-9150
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:30/15:00〜20:30 【土曜】9:00~13:30
アクセス方法 【電車】東京メトロ千代田・JR常磐線『綾瀬駅』東口より徒歩1分
診療時間
09:00~13:30
15:00~20:30