病院や整形外科へ行っても治らない方は

葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・加平・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院に

ご相談ください!

突き指とは、指先に対してまっすぐの方向に強い外力が加わり、指の第一関節を伸ばすための伸筋腱に損傷が生じる外傷のことです。

伸筋腱が付着する部位の剥離骨折や亜脱臼を生じることもあります。また、非常に強い外力が加わった場合には、第二関節にも脱臼や骨折を生じることがあります。

突き指は「指のケガ」として広く認識されており、ありふれた外傷のひとつですが、なかには指の変形などの後遺症を防ぐために手術が必要となることもあります。

原因

親指を除く指には3つの関節があり、先端の第一関節からそれぞれ末節骨、中節骨、基節骨と呼ばれる骨で構成されています。指は細かい作業を行うために複雑な構造をしており、指を伸ばすための伸筋腱が腕から手首を通ってそれぞれの指の末節骨につながっています。

突き指は、スポーツや転倒などによって、瞬時に縦方向の強い外力が指先に加わることで生じます。指には縦方向の外力を緩衝する構造がないため、伸筋腱が切れたり、伸筋腱が付着している末節骨の一部が腱に引っ張られて剥がれたりする(剥離骨折)こともあります。また、非常に強い外力が加わった場合には、亜脱臼や中節骨の骨折を生じることも少なくありません。

症状

指に加わった外力の強さや方向によって、症状は大きく異なります。

軽度なもの
伸筋腱のわずかな損傷のみであり、痛みや腫れが生じますが、自然に回復します。

重度なもの
伸筋腱が切れたり、末節骨に剥離骨折が生じたりします。このため、第一関節を伸ばすことができずに常に屈曲した状態となります。放置すると第二関節が過度に進展し、スワンネック変形という指の変形が生じることがあります。

また、第一関節に亜脱臼が生じたり、中節骨にまで外力が加わって骨折や脱臼が引き起こされたりすることもありますが、いずれも非常に強い痛みと腫れを伴い、指を動かすことが困難になります。

検査・診断
軽度な突き指の場合は患部の冷却によって自然に治りますが、骨折や脱臼を伴う場合には手術や整復が必要になることもあるため、レントゲンやCTによる画像検査が必要になります。

レントゲン検査
側面画像を撮影し、剥離骨折や脱臼の有無を評価します。最も簡便に行える画像検査であり、病院を受診したときにはほぼすべてのケースで行われます。

治療
軽傷の場合
患部をよく冷やし、痛みが強い場合には消炎鎮痛薬や湿布を使用します。

伸筋腱の断裂が疑われる場合
一定の期間、第一関節を伸展させるような固定が必要となります。伸展が不十分であったり、途中で固定を止めてしまったりすると、第一関節を十分に伸ばすことができなくなることもあるため注意が必要です。

骨折や亜脱臼を伴う場合
指に針金を差し込んで骨折部位を固定したり、亜脱臼を整復し、指を伸展させる手術が行われたりします。針金は数週間後に抜きます。

第2関節の骨折は時に関節内でズレを伴うなど、治療が難しい骨折となることもあります。骨折の状況次第では針金による整復・固定のほか創外固定(針金で骨を貫き、フレーム状の器具を体外に装着して骨折部を牽引し続けるものです)などを用いることもあります。

近隣地域のみなさまへ
当院にはを中心とした患者様が多くいらっしゃいますが、その他近隣地域からの来院も歓迎します。

当院は綾瀬駅から徒歩1分。綾瀬駅前整形外科の近くです。

名称 あやせ整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒124-0001 東京都葛飾区小菅4-12-5
電話番号 03-6662-9150
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:30/15:00〜20:30 【土曜】9:00~13:30
アクセス方法 【電車】東京メトロ千代田・JR常磐線『綾瀬駅』東口より徒歩1分
診療時間
09:00~13:30
15:00~20:30