前腕の痛とは??

腕は日常生活の中で頻繁に使う部位です。腕の中でも、肘から手首までの部分を前腕といいますが、ここに痛みがあると不便を感じる場合も多いでしょう。

・ゴルフをしたら前腕が痛くなった
・前腕がビリビリとしびれて痛い
・テニスが趣味だが、最近前腕が痛くなってきた
このような症状が現れた場合、考えられることにはどのようなものがあるでしょうか。

 

【原因】

・内側上顆炎

内側上顆炎は,外反性の力が肘にかかる運動や,掌側の前腕筋を強引に屈曲させる運動によって生じ,例えば,誤った方法での投球やゴルフのショット,テニスのサーブ(特に,トップスピンをかける場合,ラケットが重すぎる,ガットの張りが強すぎる,またはグリップのサイズが小さすぎる場合,もしくは重いボールを使用している場合),槍投げなどの最中に起こる。運動ではない活動で内側上顆炎を引き起こしうるのは,れんが積み,ハンマーで打つ動作,タイピングなどである。

・外側上顆炎

般的には加齢などで肘の腱が傷んで起こりますが、中年以降のテニスをする人に多いため、テニス肘とも呼ばれています。

物をつかんで持ち上げる、タオルをしぼる、といった動きをすると肘の外側から前腕にかけて痛みが出ます。手の甲側に手首をそらすと、腕の外側が痛みます。通常は動かさないと痛みは出ませんが、症状が進行すると安静にしていても痛むようになることがあります。

 

【症状】

・内側上顆炎

ゴルフ(スイング)をした時
肘の内側の少しでっぱった骨のあたりを押した時
腕を曲げたりひねったりするなどの運動をした時
腕を引っ張った時
手を強く握った時

・外側上顆炎

テニス肘(テニスエルボー) は、初期では多くの場合、安静時に痛みはありません。物をつかんで持ち上げる動作やタオルを絞る動作、ドアノブをひねる動作などの手首を使った動作をすると、肘の外側に痛みが誘発されるのが特徴です。症状が進行すると、コップが持てないほどの強い痛みを伴うこともあり、日常生活にも大きな支障をきたすようになります。

 

【予防】

・手首や指のストレッチをこまめに行います。
・スポーツや手をよく使う作業をひかえて、湿布や外用薬を使用します。

 

【治療】

当院では、前腕の症状に合わせてマッサージ・鍼・湿布などで痛み・動きの改善を行います!!

このような症状でお悩みの方は、葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・加平・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院へ!
当院は綾瀬駅から徒歩1分。綾瀬駅前整形外科の近くです。

名称 あやせ整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒124-0001 東京都葛飾区小菅4-12-5
電話番号 03-6662-9150
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:30/15:00〜20:30 【土曜】9:00~13:30
アクセス方法 【電車】東京メトロ千代田・JR常磐線『綾瀬駅』東口より徒歩1分


診療時間
09:00~13:30
15:00~20:30