足底の痛みとは?

足底腱膜は足の指の付け根から踵(かかと)の骨まで、足の裏に張られている強靭な腱の膜です。
その主な役割は、

・足の甲の骨(アーチ状になって体重を支えている)を支えること
・歩行・ランニングにおいて、地面と足部の衝撃を和らげるクッション
になります。

 

【症状】

足の裏は歩いているとき、立っているとき、全体重がかかる負担のかかりやすい場所です。

長年立ち仕事をしていて、最近足の裏が痛くなってきた
歩くとかかとから足の裏にかけて痛みが出る
最近ハイヒールを履くと足の裏が痛い
このような症状が起こったとき、考えられる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

【原因】

立っている時間が多い仕事をしていたり、走る、ジャンプする、急に止まるなどの動きが多い運動を頻繁にしたりするとかかとや足の裏に負担がかかります。悪化すると足底腱膜炎などになることもあり、注意が必要です。

・足を使いすぎたら
対処法としては、足への負担を軽減することです。インソールなどを利用してアキレス腱やかかとへの負担を減らすとよいでしょう。

・靴があっていない
足にあっていない靴を無理に履いていると足裏の痛みにつながることがあります。

 

【足底筋膜炎】

長時間の立位や歩行、ランニングなど足底に負担の加わる動作を過剰に繰り返しことにより足底腱膜に炎症が生じ、踵(かかと)の内側前方から中央にかけて痛みが生じます。この症状が足底腱膜炎であり、特徴的な傾向として、「起床時の歩き出し時に足の裏に痛みが生じる」「しばらく歩いていると痛みがなくなる」などがあげられます。

・原因

足底腱膜にかかる負荷は、

・圧迫力(足裏にかかる荷重や足を着地させた時の衝撃)
・牽引力(足を蹴り出すときの引っ張られる力)
によって起こります。
そのため、スポーツ(ランニングやジャンプ動作)、立ち仕事(足の裏で体重を支え続ける)、加齢(後方重心になり、かかとに体重がかかる)など足を酷使することによって、足底腱膜にかかる負荷が大きくなり、炎症や小さな断裂が引き起こされ、踵(かかと)や足の裏に痛みをもたらします。

 

【治療】

当院では、足底の症状に合わせたマッサージ・鍼・テーピング・湿布などで症状の改善に尽くします!!

このような症状でお悩みの方は、葛飾区、足立区の綾瀬・亀有・加平・北千住・堀切菖蒲園エリアのF.C.C.あやせ鍼灸整骨院へ!
当院は綾瀬駅から徒歩1分。綾瀬駅前整形外科の近くです。

名称 あやせ整骨院・鍼灸マッサージ院
所在地 〒124-0001 東京都葛飾区小菅4-12-5
電話番号 03-6662-9150
休診日 日曜日/祝日
診療時間 【平日】9:00~13:30/15:00〜20:30 【土曜】9:00~13:30
アクセス方法 【電車】東京メトロ千代田・JR常磐線『綾瀬駅』東口より徒歩1分


診療時間
09:00~13:30
15:00~20:30