坐骨神経痛とは?

腰から足にかけて出現する痛み、痺れ感などを言います。
現代では、このような症状に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

多くの方は歩くと痛みが出る、座っていると痺れ感が出てくるなどの症状が現れる事もあります。
例えば、脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニア、分離滑り症などの疾患を持ってらっしゃる方はより坐骨神経痛の症状が強くでる方が多いです。

そのような方は脊椎などが変形やずれたりすることで神経が圧迫され坐骨神経痛が発現します。
反対に脊椎などに異常がない方でも、筋肉が硬くなり神経を圧迫したりすることでも坐骨神経痛は発現する事はあります。

 

【症状】
・歩いていると痛み痺れを伴う
・座っていると痺れや痛みを伴う
・身体を前に倒した際に痛み痺れを伴う
・ストレッチの際に痺れを伴う
・長時間の立ち姿勢で痛み痺れを伴う
・寝ているときも痛み痺れが伴う
などの症状が挙げられます。

この他にも、脊柱管狭窄症や腰部ヘルニアなどが原因で痺れ痛みを常に伴うなどはあります。

 

【治療】

当院では、このような坐骨神経痛の痛みにはマッサージを用いて腰部、臀部周りの筋の緊張緩めて症状の改善を行ったり、鍼を用いて手では届かない深い筋に対し置鍼を行い筋を緩める事や血液など循環を良くし坐骨神経痛の痛みを下げたりも行います。
その他にも、矯正を行い骨盤からの歪みを取り除き筋へのストレス軽減やテーピングなどを使い、筋をサポートさせたりなども行います。

 

坐骨神経痛で悩まされていて少しでも日常生活を楽にしたい方、ぜひ綾瀬駅近くF.C.C.あやせ整骨院へご相談ください。


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容