胸郭出口症候群とは?

第一肋骨・鎖骨・前斜角筋・中斜角筋などによって構成される胸郭の上端から首の下部の構造のことを言います。

ここを通る鎖骨下動脈・静脈、腕神経叢の神経が肋骨、鎖骨、前・中斜角筋時に頚肋によって圧迫され引きおこる一連の症候群です。

 

なで肩や女性に多いと言われています。20代が最も多いとも言われています。

 

頚肋症候群→頚肋の存在によって斜角筋三角の底部が狭められて神経・血管の圧迫を生じます

 

斜角筋症候群→前斜角筋・中斜角筋の痙縮によって神経・血管の圧迫を生じる

 

肋鎖症候群→第一肋骨と鎖骨の間が狭く、神経・血管の圧迫を生じます。

 

過外転症候群→上肢を過外転することにより烏口突起のところで血管・神経が伸展され、小胸筋によって圧迫を生じる

 

 

【症状】

上肢の痺れ

放散痛

脱力感

時に、チアノーゼ、筋委縮なども見られることがあります。

 

 

【治療】

当院では、胸郭出口症候群の症状に合わせて、マッサージで首や肩、胸周りの筋を緩めたり、鍼を使い深い筋にアプローチして痛みの原因の鎮痛や筋を緩めたりなど行います。

その他にも、姿勢の乱れや終活習慣の歪みからくる場合は矯正なども行い症状の改善に尽くします。

少しでも、今の痛み・痺れを改善させてみませんか?

いつでも相談などお待ちしております。


// PC・タブレット(スマートフォン以外)で表示させたい内容